2016年9月21日水曜日

エレベーターとダムウェーターの違い(比較)

エレベーターとダムウェーター(正式名称:小荷物専用昇降機)は、共に建築基準法で規定されている昇降機の一種です。

昇降機は、「一定の昇降路、経路その他これに類する部分を介して、動力を用いて人又は物を建築物のある階又はある部分から他の階又はある部分へ移動・運搬のための設備」をいいます。


エレベーターとダムウェーターの大きな違いは、「かごの大きさ」と「人が乗れるかどうか」です。

それぞれの特徴を簡単にまとめると次のとおりです。

エレベーター

・かごの面積が1平方メートル超かつ高さ1.2m超
・人が乗れます。

ダムウェーター(小荷物専用昇降機)

・かごの面積が1平方メートル以下かつ高さ1.2m以下
・人は乗れません。(荷物専用)

2016年9月2日金曜日

日本一高いビル「あべのハルカス」のエレベーター まとめ

大阪市阿倍野区にある日本一高い超高層ビル「あべのハルカス(Abeno Harukas)」に設置されているエレベーターについてまとめてみました。

まず、あべのハルカスの概要は次のとおりです。
所在地 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番43号
施主 近畿日本鉄道株式会社
開業日 2013年6月13日に百貨店が先行開業
2014年3月7日に全面開業
地上高 300m(地上60階、地下5階)
施工 竹中工務店、奥村組、大林組、大日本土木、銭高組

続いて、エレベーターについて見ていきましょう。

・設置台数
→ 56基あります。

・メーカー別
→ 東芝エレベータ製が36基、三菱電機製が12基、フジテック製が3基、日立ビルシステム製が5基です。

スカイロビー方式
→ 地下1階から17階までシャトルエレベーターを使いノンストップで移動可能です。

・展望台用エレベーター
→ 展望台へは三菱電機製エレベーターで16階から60階まで約50秒で移動可能です。分速360mです。

2016年8月31日水曜日

【新発明】横に動くエレベーター?ティッセンクルップ「MULTI」の紹介

エレベーターといえば、よくオフィスビルやマンションで利用する上下の階に移動するための乗り物です。

そんなエレベーターの常識を打ち破る"新世代のエレベーター"がドイツの鉄鋼大手ティッセンクルップが考案した「MULTI」です。

このエレベーターの凄いところは、上下だけではなく、にも動くこと。

まずは、YouTube動画をご覧ください。

この新しいエレベーターの動力は、ワイヤーロープではなく、電磁石による"リニアモーター"。
ティッセンクルップによると、このエレベーターを採用することで、ビル設計の自由度が増し、輸送能力を最大50%拡大、エレベーターの設置床面積を最大50%削減できるようです。

ティッセンクルップのエレベーター世界シェアは、オーチス、シンドラーに続く第3位。
このエレベーターが実現し、エレベーター業界にイノベーションを起こすことができれば、一気に業界トップに躍り出る可能性があります。

現在は、エレベーターにより、ビルの外観・内装等の設計が制限されていますが、この制限がなくなれば、街の雰囲気も変わりそうですね。

今後、楽しみな技術です。

2016年7月21日木曜日

SUS304とSUS430の違い

SUS(サスまたはステン)とは、Stainless Used Steelの頭文字をとったもので、日本工業規格(JIS規格)において"ステンレス鋼"の略号として用いられています。

SUS=ステンレス鋼

SUSは、金属組織の違い、成分の違いによって、さまざまな種類に分類できます。

その内で代表的なものが、SUS300系(クロム18%以上、ニッケル8%以上)の「SUS304」とSUS400系(クロム10.5%~18%)の「SUS430」です。

SUS304とSUS430の大きな違いは、磁石にくっつくかどうかです。
SUS304 = 磁石にくっつかない(非磁性)
SUS430 = 磁石にくっつく
となります。

成分的にはニッケルが含まれているかいないかが大きな違いです。
SUS304 = ニッケルが含まれる(価格が高い)
SUS430 = ニッケルが含まれない(価格が安い)

SUS304は、比較的、単価の高いニッケルが含まれている分、価格が高くなります。また、ニッケルを含む分、SUS430と比較すると錆(さび)に強くなります。

SUS304 = 錆にとても強い
SUS430 = 錆に強い

まとめると
SUS304 = 価格が高い、錆にとても強い、ニッケルが含まれる、磁石につかない
SUS430 = 価格が安い、錆に強い、ニッケルが含まれない、磁石につく

エレベーターシャフトは容積率の対象外

平成26年6月4日の建築基準法改正により、エレベーターシャフトが容積率の対象外となりました。

エレベーターのシャフト(昇降路)とは、エレベーターのかご(荷台)が移動するための縦に長い空間です。
出典:国土交通省

エレベーターシャフトが容積率の対象外。暖和されたことで、マンションの部屋数を増やせたり、エレベーターを設置できるようになります。

ただし、建ぺい率については、変更がないため注意が必要です。

2016年4月15日金曜日

ダムウェーターの床から扉までの高さ

当社が取り扱っているダムウェーターADC型(コンパクトタイプ)の床から扉までの高さは、積載によって、次のように異なります。

・積載30/40/50kgの場合は、700mm
・積載60/80/100kgの場合は、600mm


参考までに、経済産業省が2004~2006年に調査したデータによると、
日本人の平均股下高さは、72.2~78.3cmほどのようです。

つまり、ダムウェーターADC型の扉の高さは、だいたい腰の高さぐらいと思って頂ければいいでしょう。

また、ダムウェーターの確認申請においても、床から扉(出し入れ口)の高さは重要になってきます。

大阪府の場合、「出し入れ口の下端が床面より50センチメートル未満の位置にあるもの」にダムウェーターの確認申請が義務付けられています。

※ダムウェーターの確認申請の有無については、特定行政庁によって異なります。

2016年4月14日木曜日

簡易リフトには積載荷重(積載量)を標示しなければなりません。

簡易リフトは、労働安全衛生法に基づく「簡易リフト構造規格」で積載荷重(積載量)の標示が定められています。

(積載荷重の標示)
第十九条 簡易リフトは、積載荷重が明確に標示されているものでなければならない。
出典:簡易リフトの構造規格
そのため、当社では、簡易リフトを設置したら、かご(荷台)の扉など、見える場所に積載荷重を印刷した"ステッカー" を貼っています。